まず赤ら顔の原因はなんでしょうか?一つ目の原因は「肌荒れ」によるものです。お肌が過度に乾燥することによって通常よりも敏感になります。すると、かぶれを起こしてしまったり赤みが生じたりするのです。ですから、対処法としてはお肌にたっぷりの化粧水で水分を補い、油分でしっかりフタをしてあげることで乾燥を防ぐことができます。肌が必要としている水分と油分を、潤沢に与えるお手入れを行うことが大切です。肌荒れに加えて「ニキビの炎症」も赤ら顔の原因となります。炎症を伴う赤ニキビができてしまうと、炎症によって血管が拡張され、ニキビができている周辺のお肌も赤くなってしまいます。ニキビが改善されれば自然に赤みがも治まるのですが、繰り返し赤ニキビができてしまうと、炎症が続き、そのまま皮膚に色素沈着が起き赤ら顔になってしまうのです。ですから、炎症を抑えることがまず第一になります。対策としては炎症があるうちはできるだけ化粧をひかえることに加えて、炎症の抑制を助ける化粧水を使いましょう。皮膚の炎症を抑制するには「ビタミンC誘導体」が配合されているもが効果的です。炎症が治まった後は「ビタミンK」が配合されたものがよいでしょう。ビタミンKは、血流を良くする働きがあります。血流が良くなれば、かおの赤みの改善も期待できます。

加えて、赤ら顔の別の原因に、「肌の薄さ」があります。遺伝的に生まれつき皮膚が薄い人もいますし、日頃の間違ったお手入れ方法によって肌が薄くなってしまう「ビニール肌」と言われるものがあります。ビニール肌とは洗顔・マッサージ・ピーリングなどによって角質層がはがれてしまい、その下の顆粒層がむき出しになってしまった肌のことをいいます。皮膚が薄くなってしまうと、お肌は水分を失いやすい状態になり乾燥を招きます。すると、頬の赤みの原因になってしまうのです。対処法としては、まず薄い皮膚を健康な状態に戻す必要があります。そのためには、刺激が少なく保湿力の高い石鹸や化粧水・クリーム等を使用して下さい。炎症があるうちはお化粧はお勧めできませんが、どうしてもしなければいけない場合には、化粧落としの時にクレンジングオイルを使わないようにしましょう。
日頃からできる赤ら顔対策として、食生活を見直すことができます。カフェイン・タバコ・アルコールや香辛料などの刺激が強いもには赤ら顔の原因になると言われています。たくさん摂取しているようであるなら控えるように心がけましょう。同時にスキンケア方法も見直して下さい。洗顔のし過ぎや力を入れて洗うのはお肌に刺激となり、乾燥を招きます。優しく適度に行って下さい。

<おすすめ>
赤ら顔でお悩みの方へ
肌トラブル専門【こことみ】
http://nikibi.ne.jp/akaragao/